MENU

【WordPress】子テーマをサクッと作成できるプラグインを紹介

プラグインを使わずにWordPress の機能をカスタマイズする場合、基本的にはstyle.cssfunctions.phpを編集することになります。

ですが、子テーマを使用せずにstyle.cssfunctions.phpを編集していた場合、テーマをアップデートすると編集内容が全て消えてしまいます。

その問題を解決するために使用するのが子テーマ。

最近の国産テーマは子テーマも一緒に配布してくれていることがありますが、子テーマがないテーマを使っている人もいるでしょう。

子テーマは自作することができますが、子テーマを作るだけであればプラグインを使うほうがカンタンです。

今回は、プラグインを使って子テーマを作成する方法を解説していきます。

目次から探す

プラグインを使って子テーマを自動作成する方法

今回は、『Child Theme Configurator』という子テーマ作成プラグインを使用します。

『Child Theme Configurator』の導入方法

STEP
『Child Theme Configurator』を検索する

プラグインの新規追加ページにアクセスして、"Child Theme Configurator"と検索してインストールします。

STEP
有効化する
インストールが完了したら、そのまま有効化してください。

これでインストール完了です。細かな初期設定はありません。

子テーマを作成する

『Child Theme Configurator』インストールして有効化すると、管理画面のツールメニューにChild Themesが追加されています。

Child Themeをクリックして子テーマ作成ページに移動します。

日本語非対応なので英語が苦手な方からするとウッと感じるページが表示されますが、やることはカンタンです。

STEP
[CREATE a new Child Theme]を選択
一番上の項目を選択
STEP
子テーマを作成したいテーマを選択する

テーマを選択したら、Analyzeをクリックします。

STEP
[Create New Child Theme]をクリック

Analyzeをクリックするといろんな設定項目が表示されますが、すべて無視して一番下までスクロールし、[Create New Child Theme]クリックしてください。

子テーマの作成に成功した場合は、以下のような成功メッセージが表示されます。

子テーマを作成したらテーマ一覧ページを確認してみてください。

子テーマが作成されているはずです。

子テーマは名前の末尾に”Child”がついている

最後に子テーマを有効化すれば、普通の親テーマと同じように使えます。

親テーマの設定を子テーマに引き継ぐ方法

親テーマと子テーマは電話設定が独立しており、テーマ固有のカスタマイズ設定を行っていた場合、子テーマでも同じ設定をし直す必要があります。

設定項目が少ないのであれば数分で再設定できると思いますが、有料テーマなど機能性に優れたテーマは設定項目が多いため、再設定が大変です。

ですので、テーマ設定をインポート・エクスポートできる『Customizer Export/Import』を使うことをおすすめします。

『Customizer Export/Import』を使えばテーマ設定を子テーマに適用することが可能です。

『Customizer Export/Import』を使って子テーマに設定を引き継ぎ手順

STEP
『Customizer Export/Import』の導入

『Customizer Export/Import』はプラグイン追加ページからインストール・有効化してください。

"Customizer Export/Import"と検索したら見つかります
STEP
親テーマを有効化しておく

子テーマを有効化した状態でも設定できますが、親テーマを有効化した状態で設定したほうがわかりやすいので、よく分からない人は親テーマを一旦有効化しておいてください。

STEP
テーマカスタマイズを開く
[外観] -> [カスタマイズ]からテーマカスタマイズ画面を開く
STEP
電話設定ファイルをエクスポート

『Customizer Export/Import』をインストール・有効化するとテーマカスタマイズ項目に[エクスポート / インポート]が、追加されているので、それをクリックしてください。

[エクスポート / インポート]を開いたら、書き出しをクリックしてテーマ設定ファイルをダウンロードします。

STEP
テーマ設定ファイルを子テーマにインポートする

テーマ設定ファイルをダウンロードしたら、テーマカスタマイズの最初の画面に戻り、子テーマに切り替えます。

テーマの切り替えは[変更]から切り替えれます

子テーマに切り替えたら再度テーマカスタマイズの[エクスポート / インポート]を開いて、先ほどダウンロードした設定ファイルをインポートします。

テーマ設定に固有の画像ファイルが含まれていることもあるので、念のため[画像ファイルをダウンロードしてインポートしますか?]にチェックを入れておく事をおすすめします。

インポートするとテーマカスタマイズ画面が再読み込みされ、インポートした設定ファイルが反映されます。

これで、テーマカスタマイズ画面で変更できるテーマ設定を親テーマから引き継ぐことができました。

親テーマの設定を固定まで引き継ぐのが面倒という人は『Customizer Export/Import』を使ってサクッと引き継ぐといいでしょう。

よかったらシェアしてね!
目次から探す